読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ワンダーガールズ】彼女たちは輝いていた②

f:id:khaa_56:20170215202035j:image

 

今回は話を3つに分けてしていきたいと思います。

・韓国でカムバック

・ソンミのソロ活動

・ガールズバンドとして活動する

 

 

※情報は全て正しいとはいえません

※画像はお借りしています

 

 

 

【韓国に戻ってきたワンダーガールズ】

 

f:id:khaa_56:20170215204212j:image

アメリカ進出で結果は出したものの、本当に売れたかというとそうではなかった。久々に韓国に戻ってきた彼女たちは「be my baby」を発表する。

 

カムバック時期が同期の少女時代と被ったことで、大きな注目を集める。少女時代のタイトル曲は「the boys」。皮肉というか何というか少女時代はこの曲で全米デビューが決定していた。

 

この対決の勝者は少女時代だと思う。少なくとも音楽番組で1位を取ったのは少女時代の方が多かった。しかしその年に韓国国内で最も再生されたMVはワンガ。

うーん。でも印象では少女時代ですね。

 

私は知ったきっかけってのもあるから「be my baby」がワンガの中でいちばん好きです。最後にかけてのイェウンとソネのサビが最高にシビれるんですけど、どうですかね?(笑) なんか希望が湧き出てくるんですよね...不思議と!

結果少女時代に負けちゃったけど、私の心に残っている歌はワンガです。

 

ていうかこのコンセプトはソヒが似合いすぎてびっくり

f:id:khaa_56:20170215205937j:image

綺麗な横顔。これだけでもうお高い絵画みたいですよね。

ワンダーガールズはみんなレトロコンセプトが似合う顔立ちだ(だからワンダーガールズはレトロコンセプトなのかもしれない)けど、その中心にいるソヒは本当に美しい!

 

 

 

翌年は「like this」を発表。ワンダーガールズっぽさもありつつ、時代の流行を取り入れたコンセプトだった。

MVはフラッシュモブを採用!衣装も蛍光色でまさに2012年ってかそこらへんの流行がまるまるつまってる。

 

とてもいきなり思い出したけど、2011年デビューのB1A4のサンドゥルはイェウンが理想の女性だとメンバーにバラされてました。(笑)

 f:id:khaa_56:20170215210740j:image

サンドゥル。癒し系。EXOの前のデセドルといえばB1A4でした(懐かしい...)

 

 

この2012年にはアメリカでエイコンという歌手とコラボして「like money」を発表。また、日本デビューの年でもありました!

 

 

2013年にはソネが結婚し夫と共にカナダへ。2014年にはソヒも女優業に専念するため脱退。ワンダーガールズ大丈夫か?と誰もが思ったはず。

f:id:khaa_56:20170215211946j:image

リーダー兼グループのボーカルであるソネ

 f:id:khaa_56:20170215212319j:image

1番人気のワンダーガールズの顔ソヒ

 

このようなことも重なり、 2012年から3年間ワンガは活動していません。

 

 

 

 

【ソロ歌手ソンミの登場】

 

2013年に3年間の沈黙を経て、ソンミが表舞台に戻ってきました。

f:id:khaa_56:20170215213412j:image

ピンクの髪で!!!

 

またソンミのステージの特徴といえば裸足

f:id:khaa_56:20170215213457j:imagef:id:khaa_56:20170215213504j:image

 裸足でもこのスタイルの良さなんだから凄い。これでもカムバックのために7kg増やしたんだって...普通逆じゃね?と思うけど、ソンミは食べても太らない体型がコンプレックスなんだとか。

 

タイトル曲「24時間じゃ足りない」は何から何までJYP社長のパク・ジニョンが手がけた曲。学業専念のために脱退したが、その間レッスンも続けていたという。

 

 

2014年には「full moon」を発表し、こちらもソンミの方向性を示す良曲だった。女性ソロアーティストとして賞レースにも名乗りを上げた。

 

 

 

【脱アイドル】

 

f:id:khaa_56:20170215215425j:image

2015年にワンダーガールズはソンミが加入し、4人組となる。しかしガールズバンドとしての新たな形態でのカムバックだった。

 

曲の発表の前に、メンバーひとりひとりの楽器演奏をしている映像が公開され、本格的なバンドであることを予告。

4人組になってからのワンガは女性ファンの支持が多い気がする。まず演奏しながら踊りながら歌うってかっこいいし、4人のビジュアルが完成されてて本当に素敵。

 

特に話題になったのはヘリム。

f:id:khaa_56:20170215220637j:image

ほんっっっとに綺麗になった!!!痩せたのもあるし、メイク変えたのも大成功だし、まず雰囲気からいい女感出てるよね。無理に笑わなくなったっていうか、うん、何かが変わった。

 

f:id:khaa_56:20170215220923j:image

グラビアで見るとこんな感じ。自分の魅せ方が分かったのかな?

 

 これ他のメンバーもかなり素敵になったからキリがないけど、イェウンの緑髪好きだし、ユビンなんて今ではガールクラッシュの大本命じゃなかったでしたっけ?言うまでもなくソンミは新たなワンガの顔としてその美貌を発揮してるし〜〜!ってもう4人組ワンガ好きすぎるんですよね。

 f:id:khaa_56:20170215222520j:imagef:id:khaa_56:20170215222532j:imagef:id:khaa_56:20170215222540j:imagef:id:khaa_56:20170215222549p:imagef:id:khaa_56:20170215222615j:imagef:id:khaa_56:20170215222621j:imagef:id:khaa_56:20170215222641j:imagef:id:khaa_56:20170215222649j:imagef:id:khaa_56:20170215222657j:image

みんなスタイル良すぎなんだよな〜(笑)

 

こんな4人が集まると...

f:id:khaa_56:20170215222853j:image

報道写真でもこんなにカッコイイ。

 

 

 2016年にはメンバーが作詞作曲した「why so lonely」で活動。パク・ジニョンに「もう君たちに曲は作らない(自分たちで作れるから作る必要はない)」とまで言わせた。

 

ところでこのMVはストーリー仕立てになってて、なんかもうこの4人の映画とかあってもいいよななんて思ったり。

 

f:id:khaa_56:20170225233544j:image

こんな自由奔放な4人組どうですか?というか外国の映画で似たようなの見たことあるような...(´-`)

 

 

そして2017年2月10日に最後の曲「draw me」を発表。バラードで、4人の綺麗な歌声がマッチしています。

 

「ほんの少し私を懐かしがって」という歌詞があるのですが、ここがとても身に染みる...!メンバーも曲作りに携わったらしく、ファンへのメッセージともとれる部分ですよね。

本当にいい曲です。

 

 

 

 

【あとづけ】

 

2011年

・「be my baby」で韓国にカムバック

2012年

・「like this」を発表

・アメリカで「like money」をリリース

・「nobody」で日本デビュー

2013年

・ソネが結婚。脱退。

・ソンミがソロデビュー

2014年

・ソヒ脱退

・ソンミ「full moon」を発表

2015年

・ワンダーガールズがバンドスタイルでカムバック

2016年

・「why so lonely」を発表

2017年

・解散

 

と、とても激動の(?)6年間でしたね!前回の3年間ほどはトップに駆け上がる姿。今回は解散まで。何だか人って解散ってなるとその物を惜しがるますよね、私みたいに。(笑)

 

でも長々と続けず、それぞれで道を拓いていこうとするところがワンガのお姉さん方らしいです!素敵!

 

 

 

・ソネの結婚式

f:id:khaa_56:20170226000832j:image

子供も生まれているらしいです。ソネっていいお母さんになりそうですよね。結婚式には当時のワンガに加えてソンミとヒョナも出席しています。ただヒョナだけ遠い位置にいると話題になりました。...偶然かな?(笑)

 

 

・ソロデビュー

2014年にイェウンもソロデビューしている(その他メンバーもソロで歌を歌っている)

当時コンセプトが難解すぎると話題になった。http://m.diodeo.jp/webzine/view/9064

 

 

 

・ソヒの人気の秘訣

f:id:khaa_56:20170226091310g:plain

とっても個人的な意見ですが、ソヒってなんか学年のマドンナ的な雰囲気がある。静かで大人しい可愛い子っているじゃないですか?そんな感じ!絶対苗字呼びされてるやつ。

これめっちゃ素敵なgif

 

脱退後の女優業では、濃厚なキスシーンを見せたりした。

f:id:khaa_56:20170226001355j:image

プールサイドでのキス。これもどうでもいいかもしれないけど、オススメドラマ「チーズインザトラップ」に出ていたソ・ガンジュンとのキス。ソヒのファンたちはどう思ったんだろう...

 

チイントについての記事

http://khaa-56.hatenablog.com/entry/2017/01/24/031950

 

 

 

・少女時代との関係

散々ライバル的な感じで紹介しましたが、グループ同士の仲はいいです!

 

f:id:khaa_56:20170226002354g:plain 

若い頃から共演している

 

f:id:khaa_56:20170226002419g:plain

1人で参加しているユビンを気遣うテティソ

 

最近で言うと、少女時代のVライブにワンガも出演!同期同士で支え合う姿が美しい。

 http://www.vlive.tv/video/1427

 

 

 

ではここまで!にします!

絶対言い残したことあるよな〜とか思ってるけど、その都度情報足していきます!

 

パート1はこちらから

 http://khaa-56.hatenablog.com/entry/2017/02/15/110834

 

【ワンダーガールズ】彼女たちは輝いていた ①

f:id:khaa_56:20170215014741j:image

 

いやぁ。もうこの解散受けての記事とか見飽きてるかもしれないんですけど、やっぱりこの気持ちは抑えられませんでした...。

 

私がワンダーガールズをはっきり知ったのは、2011年の「be my baby」で少女時代と直接対決〜〜!的な感じで盛り上がっていたときです。当時はソシ派だったし、ワンガは因縁の(?)ライバルということで聞いてはいたので、完全にソシがんば!って思っていました。

 

しかしカムバック記念の特番でひたすらMV流れてるの見たんですけど、ひとつひとつ個性的で頭に残るし良曲いっぱいあって、結局ワンガもソシもどっちも好きだなってなっちゃいました。(笑)

 

今ではどっちかというとワンダーガールズの方が好きですかねぇ。やっぱ容姿はSMが綺麗どころ揃えるの得意なんでそうなんですけど、なんか曲調とか、ワンガは素敵な女性・強い女性っていうイメージがあるんで、そういう部分は同性として憧れるかな〜と。もちろんワンガは美人揃いですけどね!個性のある美人!

 

1回では書ききれないと思ったので、2回に分けてワンダーガールズの歴史や個人的な意見を含めて書いていきたいと思います!

 

※時間の流れごとに写真や紹介文を変えています

※画像は全て借りています。場合によりスクエアにカットするなどの加工をしています

 

 

 

【デビューからアメリカ進出まで】

f:id:khaa_56:20170214160350j:image

 

まず知っておくべきは、ワンダーガールズはソネ中心に作られたグループだったということ。

 

f:id:khaa_56:20170214160055j:image

ソネ 1989年生 リーダーでありボーカル

 

 

JYPのパク・ジニョンに目をかけられ、ソネをデビューさせることが前提のグループがワンダーガールズだった。そのためかデビュー曲「irony」のMVはソネがメイン。

 

その後オーディションでメンバーが選ばれた。一番遅く合流したイェウンは、なんとデビューの1ヶ月前という驚き!イェウンは歌唱力抜群で一度もワンダーガールズを離れたことのない唯一のメンバー。

 

 f:id:khaa_56:20170215002123j:image

イェウン 1989年生 ボーカル

 

 

またワンダーガールズの初期はあのキム・ヒョナがいたことも今では有名な話

 

 f:id:khaa_56:20170214234857j:image

セクシーの代名詞。元4minuteのヒョナ

 

f:id:khaa_56:20170214235037j:image

当時はこんな感じ。可愛いんだけどとても垢抜けない(笑)

 

ヒョナの脱退理由は健康上の問題。恐らくだけど、デビューステージを見る限りヒョナは主要メンバーだったと思う。当時から可愛かったし、ダンスの迫力は新人とは思えなかった。そのヒョナが脱退とは、グループに大きなダメージだっただろう。

 

 

ヒョナの脱退を埋めるため、ユビンが合流。ヒョナのようなセクシーな見た目に色黒がくっついてきた感じ。

 f:id:khaa_56:20170215105609j:image

ユビン 1988年生 ラッパー

今とは違うけど当時から綺麗だ!

 

 

そしてユビンが加入して発表した「tell me」が大ヒット!!!沢山の人がダンスを真似して、テレビでも何回もパロディされ、一躍「国民の妹」の座につく。

 

中でも、ソヒの「オモナ」が可愛いと話題になる。( 今で言うサナの「シャシャシャ」のような感じ )

 

f:id:khaa_56:20170215131436g:plain

オモナ①

f:id:khaa_56:20170215131452g:plain

オモナ②

 

う〜〜ん。癒される!(笑)

ていうかソヒはこのときまだ15歳というから驚き。ソンミとヒョナも同い年です。最強ラインだ...!

 

f:id:khaa_56:20170215021512j:image

ソンミ 1992年生

おじさんファンの確保はソンミとソヒの役割。ソンミの方が歌は上手いがポイントとなるパートはソヒが歌っていたという印象。この写真見るといいとこのお嬢さん風( ソンミにこんな時代があったんだ... )

 

 

2008年も活発に活動した。

個人的に「so hot」のコンセプトはソネとユビンがとても似合っていたと思う。

 

f:id:khaa_56:20170215020400j:image

ギャル感満載のユビン

 

f:id:khaa_56:20170215020457j:image

このときバッサリと髪を切ってイメチェンしたソネ。

f:id:khaa_56:20170215020413j:image

パンツスタイルがよく似合う体型!

 

 

そしてワンダーガールズといえば「nobody」ですよね!大ヒットを記録し、その年の代表曲となった。

 

19歳でこの歌をリードしたソネとイェウンは本当に凄いと思う。2人に関してはアイドルという目で見たことはないかも。

 

個人的に好きな「nobody」のステージ

https://www.youtube.com/watch?v=atg3DWQlTMc

 

ユビンのおデブ期はココ

f:id:khaa_56:20170215091714j:image

結構ふっくらしたねぇ。 

 

また同期である少女時代は2008年は活動しておらず、2007年に続きワンダーガールズの勢力は大きなものとなった。

 

 

しかし2009年になるとワンダーガールズは「nobody」の国外のヒットを受け、アメリカ進出に力を入れていく。

 有名歌手のツアーの前段をすることになり、アメリカのツアーに1年同行した。

 

「nobody」の英語バージョンはビルボードのトップ100入りの76位を記録。これは韓国人歌手として初の快挙だった。

 

そんなとき韓国では少女時代が「gee」 で旋風を起こし、続く「genie」で人気を確立した。まさにワンダーガールズの穴を彼女たちが埋めてしまったのだ。

 

そんなときメンバーのソンミが学業専念のために活動を休止する。(事実上の脱退)

ソヒと人気を二分してきた主要メンバーであるだけに、多くのファンが悲しんだことだろう。

 

2010年にソンミの代わりとしてヘリムが加入。当初は一般人のような容姿だとかなり叩かれていたらしい。グループ内でも認めてもらうのに時間がかかった。

 

f:id:khaa_56:20170215023437j:image

 ヘリム 1992年生

まぁたしかにこのときは垢抜けなかったかも...。歌声が高めで綺麗。

 

 

 

そんなワンダーガールズが久々に韓国で活動した。

 f:id:khaa_56:20170215024047j:image

「2 different tears」のティーザー

 

この曲のコンセプトにあっていたのは イェウンとソヒだと思う。イェウンの派手メイク素敵。f:id:khaa_56:20170215024709j:image

 

ディオデオさんの踊るソヒの体のラインが綺麗だよって話。最後のgifがこの曲の活動時のものです。

http://m.diodeo.jp/webzine/view/6962

 

この曲のステージを見ると、ソンミが抜けた分、ソヒの1人超絶美女感が半端ない。どんな服を着てもスタイル抜群だから着こなしちゃうし、ヘアメイクもヘリムみたいに放っておかれないから(あくまでも妄想)すば抜けちゃってる。

 

この曲の活動期間は短く、この後はすぐにアメリカツアーを開始した。

 

 

 

【あとづけ】

 

まず第1回はここまでにしたいと思います!

 

内容を振り返ると

2007年

・デビュー当初のメンバーには元4minuteのヒョナがいた

 ・しかしすぐに脱退

・代わりにユビンが加入

・「tell me」が大ヒット

2008年

・引き続きヒット曲を生み出し、ガールズグループ界では独走状態。

2009年

・昨年の「nobody」のヒットを受けアメリカ進出へ

・しかし韓国国内での勢力はとどまってしまう

2010年

・ソンミが活動休止(脱退)

・ヘリムが加入

・再び韓国でも活動するが、すぐにアメリカへ。

 

このような感じです!

 

 

気になる脱退メンバーとワンガの関係...

 

f:id:khaa_56:20170215093029j:image

 ソンミ×ヒョナ

 

f:id:khaa_56:20170215093105j:image

ソンミ×ユビン

 

もう少し後の話になりますが、ソネの結婚式には元メンバー含めワンダーガールズみんなが出席したようなので、仲は良好みたいですね!

 

f:id:khaa_56:20170215093211j:image

もうきっと見れないツーショット

 

http://m.diodeo.jp/webzine/view/7328

ディオデオさんのきっともう見れないワンダーガールズ時代のソンミ・ソヒ・ヒョナのスリーショット

 

ヒョナが4minuteとしてデビューして少し経った頃、「tell me」を歌う姿

https://www.youtube.com/watch?v=rpCP_EX1MC8

異様に盛り上がってるのが分かると思います。

 

 

あとは「2 different tears」のMVでソヒが男装するシーン見てると、シウミンが似てると言われる理由があるよね。f:id:khaa_56:20170215093806j:image

 

f:id:khaa_56:20170215093908j:image

EXOのシウミン

 

すんごい似てるんだけど、一致してるほど似てるってわけじゃないけど、やっぱりこの個性的な顔が2人もなかなか出てこないよな〜っていう印象。

付け加えると、シウミンに似てると言われているママムのムンビョルもいる。(笑)

 

f:id:khaa_56:20170215094321j:imagef:id:khaa_56:20170215094327j:image

ママムのムンビョル

ここは本当にちょっとびっくりするくらいシウミンに似てる。

 

f:id:khaa_56:20170215094338j:image

ムンビョルの男装

若干違うけどやっぱり似すぎ(笑)

 

 

 

次は私がリアルタイムで見てきたワンダーガールズについて紹介したいと思います!それでは!

ベッキョンのようなムスタンイケメンに遭遇したい。(願望)

タイトル通りです........。

何のひねりもなく、ただただムスタン着たベッキョンを見てそう思いました。

 

 f:id:khaa_56:20170127004720j:imagef:id:khaa_56:20170127004737j:imagef:id:khaa_56:20170127004743j:image

ヒィ...かっけぇ。おしゃれ上級者すぎて心臓が痛い。

 

 

もともとコートを着たベッキョンの写真を集める癖(?)があったのですが、ある日回ってきた画像を見るとあらまぁ、ムスタン着てました。

 

しかも似合う似合う。おかげでムスタン欲しくなってしまった。もう冬物衣類は買ったっていうのに!!!

 

 

 f:id:khaa_56:20170127005503j:imagef:id:khaa_56:20170127005514j:image

ハァ...素敵だ。

こんな人と地下鉄で出会うとかどうですか?これでひとつ夢小説とか書けるんじゃないかなって思ってます。文才のある方ぜひ...(笑)

 

あ、それか大学の先輩とかもいいですね...。妄想が膨らむとはこういうことか。

 

 

f:id:khaa_56:20170127005328j:image

カワイイ。あなたは世界でいちばんカワイイヨ、ビョンベッキョン

 

 

 

話は変わりますが、ハッピーロトセットの中に書かれたベッキョンのバケットリストを見たファン達の行動が話題になっています。(ニュースにもなったほどです)

 

 

ベッキョンのバケットリスト(やりたいことリスト)→1.グルメツアー 2.日本旅行

 

 

このグルメツアーがしたい!というベッキョンへ、ファン達はある行動にでます。

 

ツイッターで #백현이를_위한_맛집투어 と検索すると、美味しい食べ物屋さんが紹介されています。

 

「#백현이를_위한_맛집투어」とは、「#ベッキョンの_ための_グルメツアー」という意味です。つまり、ファン達がベッキョンに食べてほしいと思うお店が紹介されているということですね!

 

これを少し見ていたのですが、わたしも今すぐにでも韓国に行きたくなりました(笑)

美味しそうでたまらない!しかも現地の人の意見だから、よりディープで面白い!

 

 

ていうかファン達もやることが可愛いよね(笑)てかどんだけ愛されてるんだよビョンベッキョン!そんなみんなのもので手が届かないとこも好き!

 

 

これはそんなエリ達のためのお礼かな?インスタアップしたみたい。

https://instagram.com/p/BPtkKFSFYL_/

 

 

このなってるキャラクターがドラマ「トッケビ」に出てくる「そば君人形」らしくて。チョーーどうでもいいかもしれませんが、そのドラマはキム・ゴウンがヒロインだったんですねぇ。何という繋がり!!!ちょい鳥肌もん!!!

 

キム・ゴウンが出てるドラマが面白いよって話→http://khaa-56.hatenablog.com/entry/2017/01/24/031950

 

【恋はチーズ・イン・ザ・トラップ】素晴らしく好き!

f:id:khaa_56:20170124023454j:image

 

ハマりました〜〜!!!面白いです。これ。

 

元々は原作漫画があって、それをドラマ化したものになるようです!

LINEマンガから原作の漫画読めるらしいですし、GYAOだとドラマの第1話が見ることができます!

詳しいことは公式サイトから(http://kandera.jp/sp/cheese/sp/)

 

 

シチュエーションとしては大学生のお話しで、平凡なヒロインが、完璧でどこか冷たい先輩に好かれるところからはじまります。

あまりストーリーには触れず、ただただDVDなんかを借りて見てほしいんですけど、わたし的にツボな部分がいくつかあります!

 

 

まず、映像!tvNのドラマは映像が綺麗ですごく好きなのですが、舞台が大学であることで学生たちの鮮やかな服装にも目がいきます。

 

 

次にキャスト!ヒロイン役のキム・ゴウンタイプだな〜。女子が好きな女子!って感じ。なんか、個性的でモデルさんみたいな顔立ち。

 

f:id:khaa_56:20170124025144j:image

f:id:khaa_56:20170124025132j:image

普通この髪形こんなに似合うかね!?すごい。

画面で動いているのを見るとガールズデイのミナにすごく似てる。

 

ほかにも先輩役のパク・ヘジン。謎のチンピラ風男役にソ・ガンジュンがいます。パク・ヘジンは「星から来たあなた」、ソ・ガンジュンは「ずる賢いバツイチの恋」で有名でしょうか?しかしパク・ヘジンは1983年生まれだそうで、大学生役は結構ギャップがありそうですよね(笑)

 

f:id:khaa_56:20170124030213j:image

パク・ヘジン(ユ・ジョン先輩)

f:id:khaa_56:20170124030221j:image

ソ・ガンジュン(ペク・イノ)

 

ていうかソ・ガンジュンは坂口健太郎感がすごい。

f:id:khaa_56:20170124030753j:image

坂口健太郎。正直写真だと見分けが厳しいくらい似てる。

 

 

 

次に、凝られたストーリー構成!これは原作があるというのもあるのでしょうが、なぜここでこの人がカメラに抜かれるんだろう?と思ったら、本筋と絡んできたり、

基本ユ・ジョン先輩が裏があるような役で、彼の行動の理由は後から明かされる形になるので、ひとつの話を一回だけでなく二回見るとまた別の楽しみ方ができます。

 

 

 

後は何より“大学生活”という感じ強いので、それがよく分からないわたしにとって新鮮で見ていて羨ましいとさえ思います(笑)

 

 

あ!あとはカン教授役の女優さんが元女子サッカー選手の澤穂希さんにしか見えません。ぜひ見てください!(笑)

 

テヨンを久しぶりに苦手と思った。

アンチじゃないけど、テヨンの行動はちょっと誤解されることが多い気がする。

本人はどのような気持ちで動いてるのかは分からないが、わたしが客観的に見たとき「それは違うんじゃない?」ってことが過去にもあった。

 

 

今回はテヨンのインスタにアンチが外見を中傷するようなコメントからはじまった、すっぴん+ノンフィルター写真の4連チャン投稿。

 

f:id:khaa_56:20170124013923j:imagef:id:khaa_56:20170124013921j:image

例の写真(2)

 

アンチのコメントをざっくり言うと、整形が崩れてきたからスノーで隠してんだろ?的なものでした。

 

そのコメントにテヨンは「うん 鏡見て」と返信。その後このような写真をあげました。

 

 

ネットでの反応はさまざま。「かっこいい」「スカッとする」などの好意的な意見や、「自信ありすぎ」「ムキになってる」等の意見もありました。

 

まぁ、どちらの意見も分かりますけど、わたしは後者です。

 

 

好意的な意見を言うのは大体ファンであって、一般人からするとこの話題に何かはてなが浮かぶと思います。

 

まず、とげのある返信はいらなかったのではないかということと、芸能人ならこんなこと一度や二度ではないのでは?という点です。

 

 よくテレビで「芸能人は興味を持ってもらうことが大事だから、否定的な意見もありがたく思うべきだ」的なこと言う人がいますが、わたしはこれはあまりにも綺麗事だと思います。

 

だからあまり強く言うわけではないですが、少女時代はデビューが2007年ですからテヨンの芸歴は10年目ということになります。これまでアイドル界のトップに君臨していたのですから沢山の人の前に晒されてきたはずです。日本デビューもしたくらいですから皆さんもご存知ですよね?

そのグループ内でも人気ナンバーワンのテヨンが、今更、インスタのコメント如きでなんなんだ!?

そう、思いませんか。

 

 

なんかこう...そこ我慢できなかったのかな。徹底的な仕返し感が怖いな。あ、テヨン苦手かも。そんな考えにいたりました。

 

これは何でしょう。韓国人の血なんでしょうか。それともホルモンバランスの問題でしょうか。色んなことが重なったのかな。

 

ただでさえ何年か前に事務所の後輩Bと付き合ってアンチ増やしたというのに...

 

 

まだムキになってるのか(?)以前はスノーの投稿が多かったインスタも、今ではあまり見られません。

f:id:khaa_56:20170124022409j:image

(ビフォー)

f:id:khaa_56:20170124022415j:image

(アフター)

 

 

思ったけど、テヨンってファンに甘やかされてるのかも。中傷コメントに「鏡見て」って返せる人なかなかいないぞ。

ファンの人も考えて!これがテヨンじゃなかったら何か気に食わなくない!?

 

 

...はい、ごめんなさい。

話題も時代遅れでごめんなさい。(笑)